経営者の「メンタル」と「ビジネス」を一体となってサポートする「メンタルパートナー」

ブログ

ウォーキングの効用

全く仕事と関係ない・・・ようで、とても関係があると
思います。日々の運動

もともと最近は自宅にて仕事ができてしまうので
運動不足になりがちと思い、無理にでも1日1時間
目標にして歩くようにしています。単純に精神的にも
リフレッシュになるし、研修・講演で伝えている
ポジティブ心理学レジリエンスの中でも、
ネガティブ感情を止めてくれる効果性が実証されています。
どちらかというと、健康のため、病気にならないためと
いう理由で歩いていました。

ただ、最近は、散歩って思考するのにやっぱり良い
と思って、パフォーマンス・生産性を上げるために
歩いている感じもあります。ある程度デスクで考えて
その上で、外へ歩きに行く。

思考自体が、どこかふらふら、自由になって
普段の【思考の枠】から解き放たれて、いいアイデアが
出て来る気がしています。環境や行動レベルの事を
考えるのも良いのですが、もっと価値観とか信念とか
ミッションとかアイデンティティとかの深いレベルの
ものを考えたり、感じるのに良いと思っています。

すごく変化を作ってくれていると思うのですが
逆にメモしているわけでないので、どんな思考や
アイデアがあったのかの記録が残せていないので
次回から散歩後にすぐにメモしておくという習慣を
作ろうと思って、こちらに書いてみました。
皆様も是非、1日5分間でも歩く時間を意識して
増やすといいのではないかと思います!



関連記事

メルマガ購読

あなたのビジネスライフ、プライベートを豊かにするヒントをお届けします。 メルマガの詳細はこちら

世界一企業を作ったタニタの成功法則

幸せを創り出す法則ポジティブ心理学

facebook

広告